データベーススペシャリストの勉強方法

こんにちは、kisseです!
先日、データベーススペシャリスト試験の合否発表があり、合格することができました!!!

というわけで、正々堂々偉そうにデータベーススペシャリストに合格するためした勉強について書きます。

kisseの試験当時のスペック

  • 理系情報系
  • 学部4年
  • SQLはわりと叩ける
  • DB構築の経験はわずかにある
  • 応用情報技術者試験合格済み

こんなところでしょうか。
応用情報技術者試験を学部2年の秋に取得していたので、今回の試験では午前1が免除でした。

理系情報系ってことで、コンピュータの基本的なアーキテクチャの理解とかがあったり、
SQLが叩けるのでリレーショナル演算のあたりの学習は比較的簡単に進めることができました。



勉強手順ざっくり

以下の手順で勉強を進めました。

  1. テキストを読む
  2. 午前2の対策(1年分)
  3. 午後1の対策(3 or 5年分)
  4. 午後2の対策(3 or 5年分)
  5. 午前2の対策

ポイントは、午前2の勉強を後回しにした点でしょうか。
午後1での脱落者が多いと聞いていたので、午後1の通過を最重要目標に据えて勉強しました。

ここからはそれぞれのステップでの具体的な勉強方法について見ていきます。

テキストを読む

まず気になるのは、テキストを買った方が良いかって点だと思います。
僕は、テキストは買った方が良いと考えています。

なぜかというと、過去問は断片的に知識を問われているので、過去問のみで勉強を行うと知識が断片かしやすくなる懸念があるためです。
一方、テキストでは関連する項目が1つずつ説明されていることが多いため、体系だった知識を得ることができるを考えられます。
この体系だった知識というのは午後の試験において重要になってくるので、テキストを1冊購入することをおすすめします。

確か、僕が買ったのは次の本ですね。

丁寧に説明されてる上に、データベーススペシャリスト対策の指針みたいなのもあって大変参考になりました!

テキストの読み方ですが、基本的に頭から読むので問題ないです。
多くのテキストには途中に練習問題などが掲載されています。
1周目で解くのが難しい場合には、練習問題は飛ばしましょう
練習問題を飛ばした場合、2周目を読みながら練習問題で知識の穴が無いかを確認しましょう。

この辺はできるだけサクッと抜けたいですが、知識漏れが無いように進めましょう。

午前2の対策(1年分)

とりあえず、午前2をクリアしないと午後1は採点されません。
でも、テキストの内容をしっかり抑えていれば60点は超えられます。

なので、テキストの内容を把握できているかを確認する程度に解いてみましょう。
半分越えてればおっけーです。
直前に詰め込んで、安定に60点超えられれば良いのです。

午後1の対策(3 or 5年分)

午後1は大問3問のうち、2問を選択して解答する試験です。(2018年度の場合)

大事なのが、毎年1問くらいは地雷があることです。
なので、いかに地雷を回避するかっていうところが重要になります。
それと、圧倒的に時間が足りないです。
それぞれの問題文をしっかり読んでから、どれを選択するかを決めるのでは間に合いません。

上記の理由から午後1の対策では、
– 3問全てを解けるように練習する
– 例年と傾向が異なる地雷問題を素早く見つけられるようにする
– ちゃんと6割とる

ことが重要な目標になります。
山張ったりすると、張ってた問題が地雷化したりするので張らない方向で行きましょう。

毎回時間を測って、採点も行いましょう。
40分で1つの大問を解いて、60%を超えることを目標にしておくと楽です。

知識の抜けがある場合には、すみやかにテキストを確認しましょう。
ここで知識の抜けを見つけておくと、午後2の対策で楽になります。

午後2の対策(3 or 5年分)

午後2は大問2問のうち、1問を選択して解答する試験です。(2018年度の場合)

午後1と比較して、時間にはゆとりがあります。
しかし、文章量が多く、記載されている業務モデルを全て正確に頭に入れるのは難しいです。

まずは業務の全体像を掴んでから、問題と文章を平行して読み進めることで、覚えておく内容を最小限に留めておくように解いていくことが重要です。

午後1と同様に地雷はたまに配置されます。
山は張らずに勉強しておく方が本番での戦略の幅が広がります。

午前2の対策

直前に行いましょう。
午後試験と比べて覚えただけで点数が取れるので、一夜漬けくらいの勢いで大丈夫です。
(前日の夜はちゃんと寝ましょう)



おわり

こんな感じでデータベーススペシャリスト合格できました!

是非ともこの資格生かしたいんですが、学生なので実務経験がないんですよね。。。

誰か雇ってください笑笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

あわせて読みたい