“ゼロから作るDeep Learning”をざっくり読んだ

こんにちは、kisseです。
最近、Deep Learningが話題ですよね。(もはや最近でもなくなってきたかな)
友人が面白そうな本を読んでいたので、僕も読んでみることにしました。

“ゼロから作るDeep Learning”という本です。




ざっくり本の紹介

機械学習の一分野であるディープラーニングの基本について、実際にPythonのコードを書いて動かしながら学ぶスタイルの本です。
ライブラリとか使わずに、0から進めて行きます。

そもそも、どんな処理を行ってるんだっけ?っていうのを重要視した本のように思います。

感想とか

ライブラリを使った場合には隠蔽されるような内部的な処理などにも触れているので、学習モデルについて微妙な調整を行う際にこのような知識が効いてくるだろうなと思います。
当面、僕はディープラーニングを用いて何かを作る予定ではないのでインデックス張り程度に流し読んでしまいましたが、実装する際にはもう一度ちゃんと読み直そうと思うような本でした。

個人的には、パーセプトロンという考え方を用いてAND素子やOR素子を表現してみようっていうのが印象に残りました。
(ちょうど大学の実験で論理回路触っていたので。)



最後に

入門書として書かれていますが、2冊目以降の人にも大変良い本だと思います。
例えば、何かのライブラリを用いてディープラーニングの実装はしてみたけど、そもそもこれって何してるんだっけ??っていう人には強そうです。笑
そういう人ってベースの知識量増やすだけで強い人になりがちですもんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
何かの拍子で、ディープラーニングの実装したらこのブログで報告しますね!

↓これが今回紹介した本です。

あわせて読みたい