ProcessingにPythonモードを追加した

こんにちは、kisseです。

ちょこっとだけ時間ができたので、久々Processingで遊んでみようと思いました。
以前はPython書けなかったのでスルーしてたPythonモードで公式チュートリアルにあるコードを書きます。



Processingのインストール

Processingの公式サイトからダウンロードしましょう。

zipファイルがダウンロードされるので解凍して、アプリケーションフォルダに移動させときましょう。
アプリケーションを起動すると、すぐにエディタが開きます。

Pythonモードの追加

エディタの右上に’Java’という文字列があるので、そこをクリックして’モードの追加’を選択します。
‘Python mode for Processing 3’をインストールすると、すぐにPythonモードに切り替えることができます。

書いたコード

以下が書いたコードです。

def setup():
    size(480, 480)

def draw():
    if mousePressed:
        fill(127)
    else:
        fill(255)
    ellipse(mouseX, mouseY, 80, 80)
    
    # sキーが押されたらセーブしよう
    if keyPressed and key == 's':
        saveFrame('output-####.png')

マウスカーソルがある位置に、円が描画されてマウスクリックで色が変化します。
今回は、キーボードのsが押されると、画像の保存を行うことにしました。

↑が今回作成した画像です。

結構簡単に面白い画像が作れたりするので、僕は色々作ってます。
今回、Pythonでかける環境になったので、盛大に楽しむかもしれません。



まとめ

PythonでProcessingはやばいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

あわせて読みたい