Anker製US配置キーボードを買ったのでレビューするよ

こんにちは、kisseです。
今回、作業効率向上を目指してUSキーボードを購入しました。

その紹介記事を書きます.

買ったキーボード


★ANKER公式★【送料無料】ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ブラック・ホワイト(楽天)


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト(Amazon)

このキーボードを購入しました。
このキーボードを選んだ理由として、

  • US配置であること
  • Bluetooth接続であること
  • キータッチにパチパチ感があること

の3点ですね。

まず1点目のUS配置であることです。
一般的に日本で販売されているキーボードってJIS配置と呼ばれるものなんです。
しかし、私がなりたいと思ってるITエンジニアの人でUS配置のキーボードおすすめしているひとが多いんですね。
実際どうなのかと使って見たかったんです。

2点目のBluetooth接続であること。
私のメイン機はMacbookProなんですが、キーボードが電源ボタン以外反応しなくなりまして。
急ぎで仕上げなきゃいけない資料があったので、修理に出すわけにもいかず。
という経緯でキーボード購入になったんですね。
USB経由で接続できるのもあるにはあるらしいんですが、スマートにBluetooth接続にすることにしました。

3点目のキータッチにパチパチ感があることですね。
もしかしたら伝わらないかもしれません。笑
私の中でキーボードには、押し込みの深さが大きいふわふわ感のキーボードと、押し込みが浅いパチパチ感のキーボードが大まかにありまして。
ふわふわ感のキーボードってあんまり好きじゃないんですよね。
なので、そういったキーボードを探して購入しました。




実際の使い心地

かなり満足しています。
全体の大きさが小さいので、そんなに頑張らなくてもキーボードの端に小指が届きます。
一番触る機械なので、使い心地というのは大事なものですね。笑
お値段もお手頃なので、US配置にトライしたいけどそんなにお金かけたくないな、って人にもおすすめです。

まとめ

このキーボードはとりあえずUS配置を試して見たいひとにはかなりおすすめです。
コスパはよかったなと思ってます。

最近JIS配置からUS配置に、キーボードを変える運動してるので積極的に色々キーボード試してみようと思います。笑
また買ったら報告しますね。

こちら、今回買ったキーボードです!

★ANKER公式★【送料無料】ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ブラック・ホワイト(楽天)


Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト(Amazon)

最後まで読んでいただきありがとうございます!

あわせて読みたい