JIS配置キーボードとUS配置キーボードのどちらがおすすめか。

こんにちは、kisseです。
ちょっと前にUSキーボードを購入したので、感想書きます。

USでもJISでもいいから、自分の使うマシンで統一するべき

私、ITエンジニアを目指していまして、わりとキーボードに触れる時間が長い人間です。
ある日Twitterを眺めていると、「エンジニアがUSキーボードを使うべき〇〇の理由」みたいな記事が流れてきて、USキーボードを購入しました。
今もUSキーボードで記事書いています。
「よっしゃ、これで作業効率アップだぜ!」とおもったんですけど、あんまり作業効率上がってる気がしませんでした。
その原因は自分の持つ全てのマシンがUS配置でないことあることがわかりました。
現在私の持つキーボードを全てあげると

  • 自分のMacBookのJISキーボード
  • 自分のBluetoothのUSキーボード
  • バイト先のJISキーボード

の3つです。
私がメインでキーボードを用いる場面は、ブログを書く時とプログラムを書く時です。
JISキーボードとUSキーボードで異なる部分は、記号キーの配置です。
プログラムを書く時には、この記号キーを多用するのです。
すると、作業するキーボードが変わったタイミングで作業効率が著しく落ちます。

なので、私はキーボードUSでもJISでもいいから、自分の使うマシンで統一するべきだと主張するわけです。




USキーボードが便利な場面

日本で何も考えずにキーボードなりPCなりを買った場合、それのキーボードの配列はJIS配置です。
なので、私が思うUSキーボードがJISキーボードよりも優れていると思う点をあげます。
それは、キーボードの中心からEnterキーまでの距離が近い点です。
日本語入力で素早く入力しようと思った場合、Enterキーの入力速度が早いというのは大変重要です。
素早いタイピングを目指す場合、人指し指ないし中指でEnterキーを高らかに叩くのは無駄な行為です。(そういう叩き方する人かなり多い印象ですけど)
小指でEnterキーを触れるように叩くのが一番早いです。
しかし、小指の可動範囲ってとても狭いですよね。
なので、Enterキーは小指から1mmでも近い方がいいんです。
これが私がUSキーボードがJISキーボードに対して優れている点です。



まとめ

自分の持つ全てのキーボードの配置は統一しましょう
しかし、USキーボードも使ってて楽しかったりするので、気になる人は使ってみてね。笑

私もゆくゆくはUSキーボードに統一していくつもりです。
何年かかるかなぁー。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

あわせて読みたい