つまりは2億円稼げばいいんです

こんにちは、kisseです。

成人式を迎えたあと、友人でも就職してる人とか来年就活するよって人とかが身の周りに多くて、将来の人生設計について考えました。
その結果、私が考えた人生設計の方針について語ろうと思います。
(気まぐれなんで、そのうち考えも変わるとは思いますが。笑)
注意!!!
基本的に私は働きたくない人間なので、ちょっとそういうのは…って人は気をつけてください。笑

60歳まで働き続けるのは辛い

まず私が思ったのはこれです。
大学卒業してから、60歳まで働くと考えても40年弱。
しかも、最近定年伸びてるのでもっと働くかもしれないですよね。
ちょっと辛いかなと。笑笑
みんなが頑張ってるんだからお前も頑張れよ!って言われたらそれまでなんですが。
できるだけ早く引退したい。

そこで、考えました。
そもそも、60歳まで働く必要があるのかと。
そういう方向性で掘り下げることにしました。

ところで生涯賃金とはいくらなのでしょうか

私達が40年間働くことで得られる収入っていくらくらいなんでしょうか。
いろいろな記事やデータを見ましたが、どれも正確かどうかは怪しいです。
そもそも、生涯賃金というデータの振れ幅が大きいものに対して平均をとるのも無理があるかなとは思うのですが。
それはともかく、多くの記事では日本の生涯賃金の平均は2億円程度であると記述されています。
つまり、2億円あれば平均的な庶民の生活ができると。
2億円稼げば良いのだという結論に達しました。笑
しかも、この先行きの見えない日本経済で普通に働いてても2億円稼げるかわかんないですしね。




つまり労働とは2億円稼ぐゲーム

かなり極論ですが、2億円稼いだら生きるために働く必要はなくなります。笑
例えば、大学卒業してすぐ年収1000万になってそれをキープすれば、40歳すぎくらいで2億円達成できます。最高ですね。笑
できるかどうかは別です。笑笑

でも冗談抜きに、最速で2億円達成するための努力を私はしようと思ってます。
じゃあどういう戦略で行くべきか。
それもついでに考えようとおもいます。

私的戦略について

方針としては

  • 投機とかギャンブル的な要素が強いものに対しては消極的
  • リスクが低い投資については余剰資金を用いて積極的に行う。
  • 初期投資の少ない挑戦は積極的に行う
  • 収入ベースは就業収入またはフリーランスエンジニアとしての収入

ざっくりいうと、大きなリスクは取らずに、着実に収入をふやしていくという方向性です。
そのために、大学生である今できることをまとめると、

  • 将来、不労所得になりうる収入源を複数確保する。
  • 投資資金を確保する。
  • 資産運用に関する理解を深める。
  • ベース収入の向上のために技術力を向上させる。

こんなところですかね…。
まだまだこの戦略について研究しきれてないので不完全だと思います。
できることもまだまだあるので、今できることを1つずつ増やして行こうと思います。笑

まとめ

2億円を最速で稼げば働かなくていいぞ!!
みんなで、2億円レースをしましょう。笑笑
きっとそういうスタンスでやってけば楽しそうですよね。笑笑

一緒に頑張っていきましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございます!!!!!

あわせて読みたい